医療法人社団 履信会 さっぽろ下手稲通整形外科

お電話でのお問い合わせ 011-894-8887

文字の大きさ

部門紹介

リハビリの内容

rehabilitation

治療

<特徴>

・ 当院では患者様の目標に合わせて、プログラムを作成致します。
・ スタッフが患者様の身体を動きやすい状態に整え、できる限り患者様主体で行うリハビリメニューを作成致します。
・ 治療は、できる限り痛みの出ないように配慮し進めていきます。
・ 当院のリハビリでは、自身で症状の治し方を知って頂く場だと考えております。
・ 病院で行うリハビリには時間が限られており、十分な時間を確保できません。
・ 1日のほとんどは自身で症状をコントロールしなければなりません。
・ 当院では自身で症状をコントロールする体操や姿勢・動作の指導も行います。
・ 受身の治療でなく、患者様自身に積極的に治療に参加して頂くことで、治療効果を高め、自身で症状をコントロールできるようになります。

トレーニングの指導

<自主トレの意義>

①リハビリの効果を持続させます。
②自身で症状のコントロールができるようになります。
③自分の身体に興味を持つ事で、早期に不調をキャッチすることができます。

患者様の体力や家庭・職場の環境に合った体操を具体的に提案させて頂きます。
患者様と相談して、出来そうな範囲で体操の種類と頻度を決定し、ご自宅や職場で実践して頂きます。
自主トレーニングと言っても、ストレッチや筋力トレーニングばかりではありません。
身体を意識して頂く事や、何気ない普段の動作を意識することも治療を進めていく上で、とても重要な事です。

リハビリ時に自主トレの確認を行う事で、ご自宅でも安心して治療を行うことが可能となります。それにより、回復を促し、早期に本来の状態を取り戻すことができます。
リハビリに来たときだけ運動してもあまり意味がありません。自主トレーニングは毎日少しずつ行わないと効果は少ないです。逆に日常生活の中に取り入れて行うと、とても効果があります。
我々は治しているのではなく、患者様が自身で治すお手伝いをさせて頂いています。

生活指導(姿勢・動作など)

ご自宅でやって頂く運動のほかに、普段行っている姿勢や動作を意識する事がとても重要です。いくら良い治療を行っても、普段から負担のかかる姿勢や動作を行っていたら改善は見込めません。良い姿勢を実感して頂き、それを日常生活で実践して頂きます。気を抜くとどうしても姿勢が崩れてしまいますがこれは、仕方のない事です。少しずつ姿勢を意識して直すことで無意識にコントロールできるようになります。まずは、自分の身体を意識することから始めましょう。

再発を予防するためには

ただ単に治療を受けるだけという受け身の気持ちではできません。自分の身体の状態を知り、それを実践する事で、長年繰り返した痛みから解放されることは可能なのです。普段より適度な運動をすることは重要な事です。

フォローアップ

指導した運動をしばらくご自宅で実践していただきますが、自分でおこなっている間に何かあれば、ご連絡をいただくことを患者様にお願いしております。また、痛みが取れれば治療が終わり、というわけではなく、自身で症状をコントロールできないと、すぐに再発してしまいます。また、リハビリにて指導したことを日常生活で続けていくと、どうしても自己流になってしまう場合があります。そこで1週間に1回から2週に1回そして、月に1回と徐々に間隔をあけて通院していただき、姿勢・動作・体操の確認をおこないます。これが当院の目指すリハビリテーションです。

物理療法

必要に応じて物理療法を行います。当院では、最新の医療機器を取り揃えております。温熱療法や電気療法などで、少しでもリラックスをして頂き、筋肉をほぐして循環を良くし、痛みを和らげます。物理療法を行うことで、運動療法の効果を高めます。

部門紹介

各種ご案内

お問い合わせ

011-894-8887

診療科目

整形外科・リハビリテーション科

診療受付時間

月曜日~金曜日

午前
 8:30~12:00
午後
13:30~18:30

※リハビリ受付時間18:00まで

土曜日

午前
 8:30~12:00

※日曜・祝日・土曜日午後は休診

アクセス

〒006-0815
札幌市手稲区前田5条12丁目13-35

詳細はこちら>

PAGE_TOP