医療法人社団 履信会 さっぽろ下手稲通整形外科

お電話でのお問い合わせ 011-894-8887

文字の大きさ

手術案内

最小侵襲手術

minimally invasive surgery

最小侵襲手術とは

通称、MIS(Minimally Invasive Surgeryの略)と呼ばれる最小侵襲手術は、小さな切開口から、内視鏡や顕微鏡、特殊な手術機器を使って患部の治療を行います。
皮膚の切開だけでなく、筋肉の切離も最小に抑えるため、痛みが少なく、身体への負担も少ないことから、早期回復が期待できます。
様々な医療技術の向上・発展による、最先端の手術方法のひとつです。
また、症状によっては、最小侵襲手術での治療が出来ない場合もございますので、お気軽に医師にご相談ください。

整形外科分野では

主に腰椎疾患(腰椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症など)に対して行われます。
当院では、顕微鏡を使った手術を行っており、従来では大きく切開して手術を行っていましたが、最小侵襲では約2cmの切開での手術が可能です。

各種ご案内

お問い合わせ

011-894-8887

診療科目

整形外科・リハビリテーション科

診療受付時間

月曜日~金曜日

午前
 8:30~12:00
午後
13:30~18:30

※リハビリ受付時間18:00まで

土曜日

午前
 8:30~12:00

※日曜・祝日・土曜日午後は休診

アクセス

〒006-0815
札幌市手稲区前田5条12丁目13-35

詳細はこちら>

PAGE_TOP